ネットイヤーゼロ、沖縄セルラー電話の新サービス「沖縄CLIP」の支援を開始

沖縄セルラー電話の新サービス「沖縄CLIP」の支援を開始

ネットイヤーゼロ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:佐々木裕彦 以下:ネットイヤーゼロ)は、沖縄セルラー電話株式会社(本社:沖縄県那覇市 代表取締役社長:北川 洋 以下:沖縄セルラー電話)が沖縄観光振興を目指して開始する新サービス「沖縄CLIP(オキナワクリップ)」のFacebookページの立ち上げおよび運用をスタートしました。今後、同サービスのコンテンツ企画・運営・ツール開発をご支援していきます。

沖縄セルラー電話は、その創業の目的そのものが、沖縄県の経済振興に直接的に由来しており、地元の経済界のリーダー的存在です。同県では、2012年には年間通じて内外から約580万人の観光客が訪れている中、2021年度までに入域観光客数を 1,000万人とする目標を掲げて、さらなる活性化策を推進しています。また昨今のスマートフォンやソーシャルメディアなどの急速な広まりの中、ITと観光は様々な分野で関係性を強めています。

こうした背景の中でネットイヤーゼロは、これまでに蓄積してきたデジタル事業の企画・運用ノウハウを生かして、沖縄セルラー電話のこの新サービスを強力にサポートさせていただく所存です。 また両社は共同で、同サービスへのユーザーの反応を見ながら、将来的には収益モデルの可能性を試行錯誤していく予定です。

沖縄セルラー電話の新サービス「沖縄CLIP」の支援を開始

■ネットイヤーゼロ株式会社 概要
ネットイヤーゼロ株式会社は、インターネット技術を活用した新規事業の企画、開発を行っています。“大企業のデジタルビジネス開発室”の役割を担うべく、自社が持つインターネットビジネスに関するノウハウと、企業が持つ専門分野のノウハウを持ち寄って共同事業も行ないます。共同事業では、事業企画、広告営業、サイト構築・運用など必要に応じた業務運営を行う体制を構築し、主にレベニューシェアモデルを志向しています。