プレスリリースを定期的に発信すべき3つの理由

ニュースリリース/プレスリリースとは、さまざまな企業や団体、行政機関から報道機関に対して発信される公式な発表文書のことです。新製品の発表や新サービスの立ち上げをはじめとした、企業運営にかかわるさまざまなタイミングに出されることが多いかと思います。

規模の大きな企業のみならず、ベンチャー企業や中小規模の企業も、プレスリリースを定期的に発信すべき理由は何でしょうか?

規模の大きな企業であれば、強力な広報チームがあり、新聞やテレビ、雑誌といったマスメディアの記者や編集者と強い関係性が構築されてます。このため、プレスリリースを発信することで、それが比較的大きな記事になりやすいという側面があるでしょう。これに対して、プレスリリースを出したからといって編集記事になりにくいベンチャー企業や中小規模の企業でも、プレスリリースを定期的に発信すべき理由は3つあります。

1つ目は、パブリシティという観点。すなわち、さまざまな記事企画を立てる記者や雑誌編集者に対する「種」をまいておくという意義です。現在では、特集記事や連載記事を企画する記者や雑誌編集者は、インターネットを使って情報を収集し、その情報をもとに電話取材、対面取材などを通して情報を深堀りしていきます。

記者や編集者が興味を持ってくれるようなキーワードでプレスリリースを配信しておくということは、記事企画時にコンタクトされる可能性を仕込むということに相当するのではないでしょうか。

2つ目は、その企業に興味を持つさまざまな関係者に、プレスリリースを通して事業戦略や注力事業を伝えるという意味があります。プレスリリースに掲載する文章を通して、それぞれの企業が考えるビジョンやメッセージを、さまざまな利害関係者に伝えることができます。

最後に、特に採用活動に苦しむベンチャー企業や中小企業に対するメリットですが、就職希望者に対して、その企業が歩んできた道を見せることができます。一般に、就職希望者は、応募する企業の情報を丹念に集めます。その過程で、必ずWebサイトに掲載されたプレスリリースに目を通すはずです。時系列に並んだ、さまざまなプレスリリースの中から、就職希望者はさまざまなメッセージを受け取るはずです。

プレスリリースというと、パブリシティという点が特に強く意識されます。ただ、プレスリリースをその企業に興味を持つすべての関係者に対するメッセージだと考えると、特にベンチャー企業や中小企業にとっては新たな活用法が見えてくるかもしれません。

参考となるWebサイト