ETS、英語教員向けTOEFL iBTR教授法ワークショップを 東京、神戸、沖縄で開催

ETS、英語教員向けTOEFL iBTR教授法ワークショップを 東京、神戸、沖縄で開催

東京発 ― 米国の非営利教育団体でTOEFLテスト作成団体であるEducational Testing Service(本部:米国ニュージャージー州、以下ETS)と日本におけるTOEFLテスト事務局である国際教育交換協議会(以下、CIEE)は、日本国内で高まる専門性の高い英語教員の需要の増加に対応するため、英語教員向けTOEFL iBTR教授法ワークショップ「PropellRワークショップ」を9月と11月に国内3都市で開催することを発表いたしました。 Propell ワークショップでは、英語教員の方々がTOEFL iBTにおける問題のねらいや採点基準、指導法などについて理解を深め、同テスト受験者にとって有益なカリキュラム構築が効率的にできるよう支援することを目的としています。

ETS、英語教員向けTOEFL iBTR教授法ワークショップを 東京、神戸、沖縄で開催

ETS Propell ワークショップは下記の日程で実施いたします。

<東京会場>  [日時] 9月22日(日)  ※申込み締切日:2013年9月1日

[会場] 東京八重洲ホール

<神戸会場>  [日時] 9月28日(土)  ※申込み締切日:2013年9月1日
[会場] 神戸国際会館

<沖縄会場>  [日時] 11月17日(日)  ※申込み締切日:2013年10月27日
[会場] 沖縄県青年会館

ETS Propell ワークショップでは、TOEFLの概要説明や、受験者の英語力の向上に関する成功例や課題などを議論します。ETSに認定された講師陣によるETS作成教材を用いたワークショップは以下の内容を予定しています。

● TOEFL iBT概要説明
● 「スピーキング」と「ライティング」技能のセクションの問題の狙いと採点基準の説明
● TOEFL iBT受験者の回答サンプルを使用した採点の実践
● 教室での説明を想定した実践的ディスカッション

TOEFLテスト プログラム エグゼクティブ・ディレクターのジェニファー・ブラウンは、「Propell ワークショップはTOEFL iBTの4つのセクションについて、また、『スピーキング』『ライティング』の各セクションの採点基準について理解を深めていただく良い機会です。ETS公認Propell講師陣によるインタラクティブなワークショップでは、英語教育での成功事例の共有や意見交換などを通して、参加する英語教員同士で交流を図っていただく機会になることを望んでいます」と述べています。

同ワークショップは一日のプログラムで、参加費は3,000円(当日の教材、お弁当、参加認定証を含む)です。使用言語は英語となります。参加申し込みおよびPropellワークショップに関する詳細は、CIEEウェブサイトhttp://www.cieej.or.jp/event/seminar/TOEFLpropell.html からご覧いただけます。会場の関係上、ご案内できる席数に限りがございますので、お早めにお申し込みください。また、各会場でのワークショップ参加者には、Propell 教材と参加認定証をお渡しいたします。

TOEFL Testについて
TOEFL テストは世界の幅広い国で受け入れられているテストです。米国、英国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダを含む130ヵ国、8,500 以上の機関が利用しています。これまでに累計2,700万人がTOEFLテストを受験しています。

Educational Testing Service(ETS) について
ETSは綿密な調査に基づくアセスメントの作成を通じ、世界中の人々に対する教育の質と公正さの向上を目指す非営利団体です。ETS は学生や保護者をはじめ、教育機関、政府機関にもサービスを提供し、教育面での研究や分析、方針の研究を実施し、また教員の認定、英語学習、初等/中等/中等後教育に関するさまざまなカスタマイズ サービスおよび製品の開発を手掛けています。ETSは1947年に非営利教育団体として設立され、世界 180 ヵ国以上、9,000ヵ所を超えるロケーションで毎年 TOEFLRテスト、TOEICR テスト、GRER General Test と Subject Test、The Praxis Series? アセスメントといった 5,000 万件以上のテストの開発、実施、評点を行っています。