沖縄CLIP、開設後1ヶ月でファン数10万人を突破

「沖縄CLIP」が、開設後1ヶ月でファン数10万人を突破

ネットイヤーゼロ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:佐々木裕彦 以下:ネットイヤーゼロ)が企画、運用をご支援しています沖縄セルラー電話株式会社(本社:沖縄県那覇市 代表取締役社長:北川 洋 以下:沖縄セルラー電話)の沖縄観光振興を目的にした新サービス「沖縄CLIP(オキナワクリップ)」のFacebookページが、7月10日の開始後約1ヶ月でファン数10万人を突破しました。

この期間中、投稿記事の閲覧者数は延べ100万人以上、投稿記事に対するコメントや、いいね、シェアなどの総数も約6万件にのぼりました。また開始直後から日・英・中・韓国語の4ヶ国語展開をすることで、ファンの言語別分布は、日本語約30%、英語約30%、中国語約20%、その他20%となり、グローバルな情報発信としてもバランスをとることができています。

沖縄の新しい魅力を発見するというコンセプトに沿ったコンテンツがユーザーに支持されていることや、これまでに蓄積したソーシャルメディア・マーケティングのノウハウが活かすことができていること、さらにはFacebookの新しい機能やツールをいち早く利用し、今まで以上にグローバルに効率的なファン獲得策を実行できたことにより、10万人のファンを獲得するに至りました。

「沖縄CLIP」が、開設後1ヶ月でファン数10万人を突破

また8月1日には、同サービスの公式サイトも立ち上げました。
※沖縄CLIP 公式サイト : http://okinawaclip.com/
公募していたフォトライターの体制も間もなく稼働しはじめ、今後はますます多様なコンテンツや様々な企画を展開することで、ユーザーに沖縄の魅力を存分に感じていただくことを目指しています。

ネットイヤーゼロはこのプロジェクトの企画から立ち上げ、運用をご支援しています。沖縄セルラー電話株式会社とネットイヤーゼロの両社は共同で、同サービスへのユーザーの反応を見ながら、将来的には広告事業やアプリ課金、通販事業などの収益モデルの可能性を、試行錯誤していく予定です。

ネットイヤーゼロ株式会社 概要
ネットイヤーゼロ株式会社は、インターネット技術を活用した新規事業の企画、開発を行っています。“大企業のデジタルビジネス開発室”の役割を担うべく、自社が持つインターネットビジネスに関するノウハウと、企業が持つ専門分野のノウハウを持ち寄って共同事業も行ないます。共同事業では、事業企画、広告営業、サイト構築・運用など必要に応じた業務運営を行う体制を構築し、主にレベニューシェアモデルを志向しています。