神戸ビエンナーレ2013「沖縄の日」今蘇る民族の共演-<黒潮の宴>-開催

神戸ビエンナーレ2013「沖縄の日」今蘇る民族の共演-<黒潮の宴>

NPO法人関西沖縄文化研究会(兵庫県尼崎市 代表:仲村智子)は、神戸ビエンナーレ2013(主催:神戸市)で、琉球音曲・舞踊イベント「沖縄の日 -今蘇る民族の共演- <黒潮の宴>―」を開催します。

かつて琉球王朝の下、隆盛を極めた古典音楽・舞踊文化は、黒潮に乗り日本各地に伝播し地域の文化と融合と醸成を重ねて現在にいたります。今回の開催する今蘇る民族の共演-<黒潮の宴>-では、若きエイサーの旗手で創作芸団REQUIOSを率いる照屋 忠敏氏を演出家に迎え、各地で開花した琉球音曲・舞踊文化の子供たちを黒潮の流れに乗って訪ねてみたいと思います。

神戸ビエンナーレ2013「沖縄の日」今蘇る民族の共演-<黒潮の宴>

先ずは沖縄のエイサーと琉球舞踊、そして奄美諸島、九州、四国、関西、はたまた中国へと、姿を変え、楽器を変えて地域文化となった音曲・舞踊をお楽しみいただきます。鑑賞いただいた方々には、文化の継承と融合の楽しさと大切さを実感していただけるはずです。

神戸ビエンナーレ2013「沖縄の日」-今蘇る民族の共演<黒潮の宴>-
開催日程:平成25年11月17日(日)会  場:神戸文化大ホール
チケット:前売 1階席 4,000円(当日座席指定) 2階席 3,000円(自由席)
当日 1階席 4,500円(当日座席指定) 2階席 3,500円(自由席)
お問合せ
NPO法人関西沖縄文化研究会 尼崎市南武庫之荘9丁目17番15―407号
TEL/FAX 06-6433-5789 担当:仲村
http://www.kansai-okinawa.org
nakamura@kansai-okinawa.org

開催プログラム
第1部
琉球舞踊と琉球音楽演奏
○ 琉球王朝時代の代表的な祝儀舞 『かぎやで風』(関西琉球舞踊研究所)
○ 天川の池で遊ぶ鴛を表現した舞『天川』(関西琉球舞踊研究所)
○ 組踊りから抜粋された仇討ちの舞踊『高平良万歳』(田口博章:安座間本流宮扇恵美の会)
○ 若い女性が愛しい人の為に機織りをする心を表現した舞『綛掛』(関西琉球舞踊研究所)
○ 愛しい人を旅立たせた女性の寂しさを表現した舞『花風』(関西琉球舞踊研究所)
○ 琉球音楽演奏

第2部
黒潮の宴 -黒潮に乗って各地に広がり花咲いた舞踊と音楽を共演-
奄美民謡『朝顔節』(太原俊成)
津軽三味線(夢絃座)
太鼓の響き(仲宗根達也)
琉球舞踊『四つ竹』(関西琉球舞踊研究所)
創作エイサー『元祖~ドーヒャード』(創作芸団レキオス)
よさこい踊り『黒潮たぎる』(よさこい祭彩)
よさこいソーラン『よっちょれ』(結海衆&宮本毅)
琉球舞踊『ニライカナイの祈り』(関西琉球舞踊研究所)
獅子舞『新神楽』(創作芸団レキオス)
中国武術『中国武術&太鼓演奏』(龍明/太鼓演奏・仲宗根達也)
太鼓演奏『御知行』 (創作芸団レキオス)
琉球舞踊『取納奉行』(関西琉球舞踊研究所)
黒潮の宴Ⅰ 『津軽三味線』(夢絃座)
黒潮の宴Ⅱ 『チベット声楽』(ギター・日出克/歌・バイマーヤンジン)
黒潮の宴Ⅲ 『凱旋・エイサー・よさこい・よさこいソーラン』(太鼓・仲宗根達也/三味線・本間重人/ギター・日出克/歌・城間健市、宮本毅/創作芸団レキオス・結海衆・祭彩)