阪神電車で沖縄を体感しよう!全国でも珍しい「沖縄ジャックトレイン」を運行

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、2013年11月18日(月)~12月15日(日)の期間中、「沖縄ジャックトレイン」を運行します。「沖縄ジャックトレイン」は、離島を中心とした沖縄県の美しいイメージをふんだんに生かした装飾を、1編成のすべての車両の車体にはもちろんのこと車内にも施して運行するという全国的にも珍しい取組みで、沖縄ジャックトレインに乗車すれば、関西にいながらにして沖縄県の海や空、観光地を楽しんでいただくことができます。

なお、今回の取組みは、阪急阪神ホールディングス(株)(「HD」)が沖縄県及び沖縄観光コンベンションビューローと共同で開催する沖縄キャンペーン(※)「冬こそ沖縄 美ら島(ちゅらしま)キャンペーン」の一環として実施するものです。本キャンペーンでは、沖縄ツアーや沖縄の特産品が合計154(行こうよ!)名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施するほか、グループの各施設で沖縄にちなんだフェアを実施しています。

阪神電車で沖縄を体感しよう!全国でも珍しい「沖縄ジャックトレイン」を運行

沖縄×阪急阪神グループ 冬こそ沖縄 美ら島(ちゅらしま)キャンペーン
→ http://www.hankyu-hanshin.co.jp/okinawa/

「沖縄ジャックトレイン」の概要は、次のとおりです。
※HDでは、全国の地方自治体のPR活動に積極的に協力し、2010年には高知県、2011年には鹿児島県のキャンペーンを実施しました。沖縄県のキャンペーンは、昨年に続く、2回目の開催となります。

<「沖縄ジャックトレイン」の概要>
1 運行期間
11月18日(月)から12月15日(日)まで
(注)11月18日(月)の14時35分に、梅田駅を出発(山陽姫路駅行き直通特急)します。
2 運行区間
阪神梅田駅~山陽姫路駅間など、阪神本線系統を中心に運行
3 デザイン(下記参照)
6両の車両ごとにテーマを設定
4 使用車両
8000系6両1編成

■阪神電車「沖縄ジャックトレイン」デザイン
車両テーマ(6両編成)
1.久米島車両
2.宮古島車両
3.八重山諸島車両
4.15離島車両
5.「恋の島、沖縄」・「親子孫たび」車両
6.「大人のふたり旅」車両

(1)~(3):美ら島キャンペーンポスターを掲出
(4)床デザイン
(5)扉下部(車内)デザイン
(6)ドア横(車体)デザイン ※各車両6種類のうち一例
(7)窓下(車体)デザイン