沖縄県セルプセンター、県産品の新ブランド「琉Q」(ルキュー)新発売

沖縄県セルプセンター、「琉Q」(ルキュー)新発売

一般財団法人沖縄県セルプセンターは、2013年12月に「琉Q」(ルキュー)シリーズの新商品を発売します。「琉Q」は沖縄県内で暮らす障がい者の方々と一緒に作り上げていく沖縄県産ブランドです。“セルプ”とは自立自助を意味する“SELF HELP”の造語で、ハンデに負けず社会自立を目指そうとする人達の決意が込められています。

沖縄からの1通のメールをきっかけに、その志に共感したKIGI<植原亮輔・渡邉良重>がブランド開発とグラフィックデザインを手掛けました。沖縄の素材を中心に国産・天然由来にこだわった安心でおいしいものづくりをしています。

沖縄県セルプセンター、「琉Q」(ルキュー)新発売

2013年5月に第1弾商品を発表し、このたび12月に第2弾商品として「沖縄の島唐辛子のコーレーグース」「コーレーグースと琉Qの琉球ガラス瓶」「沖縄の練り島唐辛子」「沖縄八重山の島胡椒ピィパーズ」「沖縄のパッションフルーツバター」の5シリーズを新発売します。

発売予定:2013年12月より順次開始

取扱店:オフィシャルオンラインショップ・都内生活雑貨店及び沖縄県内小売店

ラインナップ:

「沖縄の島唐辛子のコーレーグース」 希望小売価格 ¥730(税抜)
「コーレーグースと琉Qの琉球ガラス瓶」 希望小売価格 ¥4,380(税抜)
「沖縄の練り島唐辛子」 希望小売価格 ¥650(税抜)
「沖縄八重山の島胡椒ピィパーズ」 希望小売価格 ¥650(税抜)
「沖縄のパッションフルーツバター」 希望小売価格 ¥560(税抜)
「沖縄本部のアセローラジャム」 希望小売価格 ¥560(税抜)