ANA、2014年4月に貨物事業会社「ANA Cargo」の営業を開始

2014年4月に貨物事業会社「ANA Cargo」の営業を開始

貨物事業会社「株式会社ANA Cargo」が始動します
~新事業会社の立ち上げによる貨物事業の更なる拡大~
~沖縄貨物ハブおよび貨物便ネットワ-クを拡充し利便性を更に向上~

ANAは、2014年4月より、新事業会社「株式会社 ANA Cargo(以下、ANA Cargo)」による営業を開始し、お客様のニーズに機敏に対応できる体制を整え、更なる貨物事業の拡大を図っていきます。あわせて、運用開始5年目を迎える沖縄貨物ハブネットワ-クに、新たな路線として2014年3月から広州-沖縄、5月からは沖縄-シンガポ-ルを開設します。2014年1月1日から運航を開始する沖縄-青島線に続く新規路線となり、これで沖縄貨物ハブは合計12地点を結ぶこととなります。

2014年4月に貨物事業会社「ANA Cargo」の営業を開始

同時に、沖縄貨物ハブ以外の貨物便ネットワ-クにおいては、成田=広州線の新設(2014年1月1日より運航)に続いて、2014年5月からは成田=ジャカルタ線、シンガポール-成田線、成田-関西-上海線を就航させ、成田からの貨物便ネットワ-クも拡充します。

今後もANAグル-プの旅客便ネットワ-クとフレイターネットワ-クをあわせたコンビネーションキャリアとして、利便性と輸送品質を最大限に高めるとともに、フレイタ-ビジネスにおいては機材稼働率の向上によるユニットコストの低減などにより、収益基盤の強化・改革を推し進めてまいります。

新事業会社「ANA Cargo」は、グロ-バルなステ-ジでイノベーションを実現することで、貨物事業のさらなる飛躍に向けた事業基盤を構築するとともに、収益性を向上させることで、ANAグループの経営ビジョンである『世界のリーディングエアライングループ』の実現の一翼を担ってまいります。

1.新事業会社『株式会社 ANA Cargo』の設立
今後の事業拡大に向け、事業基盤を一新し、これまでANA貨物事業室が主に担っていた企画・マーケティング・販売計画等と、ANAロジスティクサービス(株)が担っていたエアラインセールス・上屋ハンドリング・ソリューション(フォワーディング/ロジスティクス)等の貨物事業を統合し、一体的に運営する新たな事業会社である『株式会社 ANA Cargo』(2013年10月設立)を、2014年4月より営業開始いたします。これにより、収益性の向上に向け、マーケティング機能や品質・お客様のフォロー体制の強化、および間接業務の削減など、貨物事業における様々なテーマに対し、スピード感を持って実現できる体制を構築します。

【新貨物事業会社の詳細】
・会社名    :株式会社 ANA Cargo
・代表者    :代表取締役社長/岡田 晃(ANA貨物事業室長 常務取締役執行役員)
・営業開始日 :2014年4月1日
・株主      :ANAホ-ルディングス(株)100%
・社員数     :約900名
・本店所在地  :東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター

【新貨物事業会社の目指す姿】
・「Innovation Pioneer」「Global Network」「Japan Quality」の3つのValueをベースに、グローバルステージにおいてイノベーションを実現し、国際物流の一翼を担ってまいります。

・常に先駆者として革新的な発想で事業を行い、世界中のお客様に豊かな未来をお届けします。

・フレイター&ANAグループの旅客機ネットワークを最大限に活かし、世界中のお客様からのニーズにお応えします。

・品質面での安心感や信頼感を提供し、世界中のお客様から愛される存在になります。

※ANA Cargoのロゴもリニューアルを予定しています。

2.沖縄貨物ハブの新しいネットワ-ク
沖縄貨物ハブ路線として10路線目となる沖縄-青島線を2014年1月1日(水)に運航開始します。また、2014年3月5日(水)からは広州-沖縄、2014年5月からは沖縄-シンガポール線を新規開設することで、沖縄からの貨物便就航地点は合計12地点となります。これにより、アジア・中国の主要都市との路線を網羅し、アジア内を往来する旺盛な航空貨物需要を取り込んでまいります。

3.貨物便ネットワ-クの更なる充実
沖縄貨物ハブ以外のフレイタ-ネットワ-クにおいては、2014年1月1日(水)より成田=広州線、2014年5月より成田=ジャカルタ線、シンガポール-成田線を開設、成田-関西-上海線を再開します。