沖縄県ユースホステル協会、青少年支援プロジェクト「2014 Hilfe fuer Japan」を開催

沖縄県ユースホステル協会、青少年支援プロジェクト「2014 Hilfe fuer Japan」を開催

Hilfe fuer Japan補助事業青少年支援プロジェクトについて

東日本大震災を受け私たちは自分たちに出来る支援活動をと考え、青少年育成活動として行ってきた野外活動長期自然体験村などのノウハウとそのスタッフ、カウンセラー、地元教育委員会、ボランティアの協力を得て、当初は沖縄県からの交通費補助金も活用し無料で福島の子供たちを招待しておりました。2011夏(111名28泊無料)、2012春(106名14泊無料)、2012夏(117名28泊無料)2013春(115名14泊自己負担3万円)2013年夏(90名21泊自己負担5万円)

ドイツ、ドルトムント独日協会(会長シュリューターマン容子)とのパートナーシップのもとドイツの義援金ならびに沖縄県民の協力で福島県宮城県の青少年を放射能汚染地域から春休み夏休みに、放射能の心配のない沖縄の屋外で子供らしく活動させ、子供たち自身の放射能に対する免疫力の向上と、精神的ストレスの緩和を目的に保養させることができました、滞在中には広く沖縄県民との交流の機会を作り絆も深めております。

沖縄県ユースホステル協会、青少年支援プロジェクト「2014 Hilfe fuer Japan」を開催

さて、日が経つにつれ補助金も少なくなり、ドイツでの義援金集めも難しくなり予算も厳しい中ボランティアの助けで何とか事業を続けております。ドイツで始まった義援金もドイツの子供たちがバザーなどで集めてくれており国際交流の観点からも何とか義援金活動も続けていくためにこちらから浴衣などを送りバザーの開催を続けてもらうなど工夫もしております、また、来春より正式にスポンサーランを行いこちらでも義援金を募りたいと思っております、つきましては活動を広く福島、宮城の皆様にご周知いただきますこと、並びに今後の活動のためにスポンサーラン告知のご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

詳しくはこちら→ http://www.value-press.com/pressrelease/119690