ファーストライディングテクノロジーとレキサスが業務提携

ファーストライディングテクノロジーとレキサスが業務提携

沖縄電力のグループ会社でデータセンターサービスおよびコンタクトセンター事業を展開するファーストライディングテクノロジー株式会社(代表取締役社長:上原稲一、本社:沖縄県浦添市、 以下「FRT」)と、オリジナルインターネットアプリケーションの企画・開発と宜野座データセンターにてデータセンターサービスを展開する株式会社レキサス(代表取締役社長:比屋根隆、本社:沖縄県うるま市、以下「レキサス」)は、このたび両社のデータセンター事業分野において業務提携を行うことに合意いたしました。
ファーストライディングテクノロジーとレキサスが業務提携1.業務提携によるユーザーメリット
昨今、事業継続性に対する社会的な責任やリスク管理の観点からITインフラを構築する必要性が増している中、地震のリスクが日本の中で比較的少ない沖縄県のデータセンターが全国的に注目されております。これまで FRT とレキサスは沖縄に位置するデータセンターの顔として各々でサービスを展開しておりましたが、自社の強みにマッチしない見込み客をカバーしきれない状況も発生していました。
今回、互いに異なる強みを持つ FRT とレキサスが業務提携を行うことで、両社は全方位的なデータセンターサービスのラインアップを強化することができるようになり、案件の規模やニーズの如何に関わらず、各々のお客さまにご満足頂ける最適なサービスを両社で提供することが可能となりました。
今後は首都圏の企業に対しても両社協同で営業活動を行うとともに、技術力の相互向上を目的とする取り組みも両社で実施し、データセンターの沖縄ブランドの向上を図って参ります。

2.業務提携の内容
1)FRT にレキサスの仮想サーバホスティング環境を構築し「レキサスクラウド F(仮)」と してサービス提供を開始します。
2)両社で相互にデータセンターを販売いたします。
3)営業メニューを両社で共有し、協同で営業活動を行います。
4)両社協同で技術力向上への取り組みを実施します。