超小型EV「MC-β」、再生可能エネルギーによる実験走行を開始

超小型EV「MC-β」、再生可能エネルギーによる実験走行を開始

Hondaは、宮古島市、株式会社東芝と共同で太陽光発電(PV)によるエネルギーを利用する超小型EV「MC-β」の実験走行を、宮古島市小型電動モビリティ等の活用に係る社会実験プロジェクト※1として開始しました。この実験を通じて、環境性能が高い超小型EVを再生可能エネルギーで運用することで、CO2フリー社会の可能性を自治体と共に検証していきます。

【関連記事】

超小型EV「MC-β」、再生可能エネルギーによる実験走行を開始

Hondaは、2013年11月から熊本県、さいたま市、宮古島市の各自治体と、MC-βを使った共同社会実験を開始しました。宮古島市では、環境モデル都市の取り組みの一環として、小型電動モビリティーとそれに給電する電力供給装置などの導入・活用を検証しています。

今回の再生可能エネルギーを使った実験走行では、宮古島市に新たに設置された3ヵ所の東芝製PV充電ステーションからの給電でMC-βを運用します。移動距離が短く、またガソリンなどのエネルギー資源を島外から調達している離島特有の環境において、小型電動モビリティーの活用方法やニーズの探索を行っていきます。

この実験で得られるCO2削減およびエネルギーコスト低減効果の検証を通じ、次世代に求められる循環型社会に調和するモビリティーとそのエネルギーモデルの構築を目指します。

本日このPV充電ステーションで行われたセレモニーにおいて、本田技術研究所 上席研究員の木内 健雄は以下のようにコメントしました。「CO2フリー化を検証するこの実験は、Hondaが目指す『自由な移動の喜び』と『豊かで持続可能な社会』を実現するための活動そのものです。この取り組みにより、世代にわたり宮古島の素晴らしい自然環境を改めて考えるきっかけになると期待しています」

Hondaは今後も、環境への負荷を最小限にしたうえで、移動する喜びや楽しさを拡大する次世代のモビリティーや、各自治体に適した街づくりの提案を目指して、積極的に取り組んでいきます。

※1 宮古島市、株式会社東芝、Hondaで構成する 離島型の超小型EV利用モデルの提案を目指すプロジェクト