ソニーの分散型DC電力制御に関する実証的研究の取り組みについて

「オープンエネルギーシステム(OES)」を実現へ
1月14日より第1回「オープンエネルギーシステム」国際シンポジウム開催(於:OIST) 

株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(本社:東京都品川区、社長:北野宏明、以下、ソニーCSL)は、2012年度より沖縄科学技術大学院大学(OIST)、株式会社沖創工とソニーグループとの共同で、「オープンエネルギーシステム(OES)を実現する分散型DC*電力制御に関する実証的研究」に取り組んできました。

このたび、本研究テーマの進捗報告を兼ねて第1回オープンエネルギーシステム国際シンポジウム(1月14日~15日、於 沖縄科学技術大学院大学(沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1) を開催しますので、ご案内致します。

本シンポジウムでは、OESの実現のための技術的課題の解決に向けた取り組みを紹介するとともに、都市部や離島、電力供給が不安定な地域、さらには電力供給の無い僻地など、さまざまな社会的、地理的状況におけるOESの適用をめぐる課題を取り上げ、政府指導者やビジネスリーダー、技術専門家が議論します。Sony CSL-OISTオープンエネルギーシステム・プロジェクトの見学会や、最終日には気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のラジェンドラ・パチャウリ議長による特別基調講演(生中継)も予定しています。

「オープンエネルギーシステム」とは:
地球温暖化や石油など化石燃料の枯渇リスクなどから、自然エネルギーの有効利用に対する期待はますます高まっています。しかし、薄く分散し、時間的な変動が激しい自然エネルギーからの電力を既存の送電網に統合することには技術的な困難があることも知られています。

ソニーCSLでは、自然エネルギーの最大限の活用、さらには自然エネルギーを主電力源とする安定的な電力システムの実現を目指し、既存の送電システムに替わるものとして超分散型でダイナミックに再構成可能なオープンエネルギーシステムに関する研究を2010年より行なっています

沖縄科学技術大学院大学(OIST)とソニーCSLの共同研究について:
ソニーCSLは、2011年度より独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構と共同で、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のキャンパスにおいて自然エネルギー(太陽光発電と風力発電)エナジーストレージシステムを用いた「オープンエネルギーシステム」の実証実験を開始しました。

そして、2012年度からは、亜熱帯・島しょ型エネルギー基盤技術研究事業(沖縄県)の採択・補助を受け、沖縄科学技術大学院大学(OIST)、㈱沖創工の3社共同で、「オープンエネルギーシステム(OES)を実現する分散型DC電力制御に関する実証的研究」に取り組んでいます。

本研究においては、太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギー源を全面的に活用するとともに、OISTキャンパス内の個人宅に設置されたソニー製のリチウムイオンベースのエネルギーサーバー・ユニットを使用して蓄電を行い、各個人宅が自然エネルギーを主電源とした電力を使用するとともに、DC送電網により相互に融通しあえるようなDCマイクログリッドの開発を行っています。

「第1回オープンエネルギーシステム国際シンポジウム」の詳細はこちらから
⇒ http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201401/14-0108/