ANAインターコンチネンタル万座、イタリア料理レストランを2014年3月15日オープン

ANAインターコンチネンタル万座、イタリア料理レストランを2014年3月15日オープン

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(沖縄県国頭郡)は、ナポリピッツァを日本に広めたパイオニアであるサルヴァトーレ・クオモ氏がプロデュースするイタリア料理レストラン「SALVATORE CUOMO & BAR 万座ビーチ(サルヴァトーレ クオモ アンド バール マンザビーチ)」を、2014年3月15日(土)に当ホテルに新たにオープンすることを本日発表しました。

ANAインターコンチネンタル万座、イタリア料理レストランを2014年3月15日オープン

このレストランは景勝地・万座毛を臨む当ホテルのビーチゾーンに建設され、屋内・屋外席合わせて482㎡・99席の座席数となります。また、サルヴァトーレ・クオモ氏の店舗は現在、全国で66店舗が展開されていますが、この店舗が沖縄初進出です。

「SALVATORE CUOMO & BAR 万座ビーチ」は、本場ナポリでも有名な窯職人による手造りの本格ナポリピッツァ用薪窯とオープンキッチンを有する屋内エリアと、ヤシの木で囲みプライベート感を演出したリゾートらしい屋外エリアとを併せ持ちます。

屋内エリアはカウンター席、テーブル席、ソファ席に、屋外エリアはバーカウンター席、ソファ席に分かれ、ランチおよびディナー営業のほか、婚礼披露宴やパーティー、宴会、MICE(ミーティング、インセンティブ、コンベンション、エキシビション)などにも柔軟に対応します。

メニューには、ピッツァはもちろん、ワインにぴったりのアンティパストや、新鮮な野菜や魚、お肉の美味しさが存分に楽しめるグリル料理が揃います。また、島唐辛子とサラミのピッツァ、アグー豚のピッツァイオーラ風、海ぶどうと柚子こしょうのぺペロンチーノなど、お客様お一人おひとりがその土地ならではのかけがえのない本物の体験をしていただけるようサービスを提供している当ホテルならではの、沖縄食材を使用したメニューもお楽しみいただけます。

————————————————————————————–
サルヴァトーレ・クオモ(Salvatore Cuomo)氏プロフィール
————————————————————————————–
1972年7月14日イタリア・ナポリ生まれ。料理人だった父の影響で11歳の時に料理の道を志し、伯父のレストランに入門。その後日本にいた父が開いた店を手伝うため来日。しかし、数ヵ月後に「父を超えたい」一心で、イタリア全土の料理を学ぶため北イタリアへ。日本とイタリアを行き来しつつ修行を重ねる。父から学び、受け継いだ本場ナポリの味“ナポリピッツァ”を日本で一躍有名にしたパイオニアとなる。料理において、常にナンバーワンではなくオンリーワンであることを目指している。