有限会社ガーデンパナが石垣島で摘みたてハーブランチをスタート

有限会社ガーデンパナが石垣島で摘みたてハーブランチをスタート

名蔵湾を望む絶景で、香ってびっくり、食べて感動の五感で楽しむハーブカフェ

自社ガーデンのハーブを使ったオリジナル調味料を製造・販売する有限会社ガーデンパナは、この度カフェルームを改装し、自社ガーデンの摘みたてハーブをふんだんに使ったランチ営業を開始しました。

島の食材を活かしたオリジナル調味料と、自社農園のフレッシュハーブをふんだんに使い、見て、香って、触って、味わう五感で楽しむランチが人気です。カフェルームとオープンテラス席から一望できるハーブガーデンと名蔵湾を眺めながら、摘みたてハーブの料理が食べられます。

料理に使用するのは、創業以来作り続けるオリジナル調味料と、ガーデンで大切に育てられたハーブや島野菜。「薬剤を一切使わない」農園からの食材だからこそ、飾り付けに使用する花びらまで全て食べることが出来ます。

石垣島では本土では見慣れないハーブも多く、ハーブを好きになってもらいたいという気持ちも込め、使用しているハーブの説明や、使用した調味料など、お料理については時間をかけて説明します。

ハーブが好きな方にも、初体験の方にも、ハーブの新たな使い方や魅力を知っていただき、ハーブをより身近に生活に取り入れていただく架け橋となるよう、今後も新たなメニューを考案しながらハーブの普及に力を入れていきます。料理に使用するオリジナル調味料は併設の直売店で購入可能です。

有限会社ガーデンパナが石垣島で摘みたてハーブランチをスタート

■ 会社概要
会社名:有限会社ガーデンパナ
代表者:遠山峰夫
設立:平成4年6月17日
事業内容:オリジナル調味料の製造、販売、ハーブティー、ハーブガーデン等ハーブ資源の活用

平成4年の創業以来「沖縄の自然の恵みを活かした製品作りでスローライフのお手伝い」をコンセプトにオリジナル調味料やハーブティーを製造、販売。離島フェア優良特産品優秀賞や科学技術庁長官賞なども受賞。沖縄県内だけでなく県外にも販売を広めている。沖縄の海から採れるミネラル豊かな海水塩や琉球ハーブなど沖縄の自然の恵みを最大限に活用した製品作りをしています。