夏休みの国内旅行意欲は上昇傾向 計画はお盆周辺、予約は前倒し傾向に

夏休みの国内旅行意欲は上昇傾向 計画はお盆周辺、予約は前倒し傾向に

フォートラベル株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 安永 成志、以下、フォートラベル)は、運営する「旅行のクチコミサイト フォートラベル(http://4travel.jp/)」の会員を対象に、「2014年 夏休みの過ごし方」に関するアンケート調査を実施いたしました。調査結果を、以下の通りご報告いたします。

■2014年 夏休みの過ごし方アンケート結果
国内旅行意欲は上昇傾向。旅行計画はお盆周辺が多く、予約は前倒し傾向に。

調査結果掲載ページ:
http://4travel.jp/aboutus/pressroom/press/20140626_press.html

【TOPIC1】
夏の連続休暇日数の平均は「7.6」日。もっとも多いのは「9日」(25.6%)、続いて「5日」(21.8%)、「10日」(8.6%)。昨年同時期の結果と比較すると、休暇日数の平均は0.1日増と、ほぼ同じ。休暇開始日は「8月」がもっとも多く、70.9%となった。

夏休みの国内旅行意欲は上昇傾向 計画はお盆周辺、予約は前倒し傾向に

【TOPIC2】
夏休みの予定が決まっている人は82.0%、決まっていない人は18.0%。予定が決まっている人のメインの過ごし方は、1位が「海外旅行」(38.3%)、2位「国内旅行」(28.6%)、3位「自宅中心で過ごす」(15.7%)となり、昨年と比較すると、海外旅行が減少し、自宅中心で過ごす人が増加。国内旅行者は昨年に続き微増した。また、複数回旅行する人もみられた。

夏休みの国内旅行意欲は上昇傾向 計画はお盆周辺、予約は前倒し傾向に

【TOPIC3】
国内旅行の旅行期間は平均「3.9日」。行き先は「北海道」「沖縄県」「長野県」の順に人気で、TOP3は昨年と同じ結果となった。出発のピークは「8月11日(月)」、帰着は「8月17日(日)」がピーク。お盆周辺の旅行計画が多く、全体の3割以上を占めた。

夏休みの国内旅行意欲は上昇傾向 計画はお盆周辺、予約は前倒し傾向に

【TOPIC4】
海外旅行の旅行期間は「8.0日」。行き先は「アジア」がもっとも多く46.0%、続いて「ヨーロッパ」(28.4%)、「北米」(16.8%)となった。人気の旅行先を国別にみると、最も人気だったのは「アメリカ」、2位は「タイ」、3位は「マレーシア」と「台湾」が同率で並んだ。出発のピークは「8月9日(月)」で、帰着は「8月17日(日)」がピークだった。

20140626_4travel4

【TOPIC5】
海外旅行・国内旅行の手配状況を聞いたところ、「すでに予約が完了している」と回答した人は53.6%、「手続き・調整中」が18.3%、「予約を始めていない」は26.3%という結果となった。過ごし方別に手配状況をみると、海外旅行を予定している人のうち82.3%が旅行の手配を始めている。国内旅行を予定している人も、57.8%が予約に着手しており、昨年より予約は前倒し傾向となっている。

夏休みの国内旅行意欲は上昇傾向 計画はお盆周辺、予約は前倒し傾向に

調査結果の分析・解説の詳細は、下記プレスリリースをご参照ください。
http://4travel.jp/aboutus/pressroom/press/20140626_press.html

■調査実施概要(回答者プロフィール等)
<調査目的>
旅行好きのフォートラベルユーザーが2014年の夏の休暇をどう過ごす予定か、旅行消費・動向にどういった影響があるのか、実態を把握する。

<調査期間>
2014年6月10日 – 2014年6月16日 の8日間

<調査対象>
フォートラベル会員(有効回答数:1153件)