今年の夏休み旅行、海外は遠距離が人気、国内は話題の地へ

今年の夏休み旅行、海外は遠距離が人気、国内は話題の地へ

阪急交通社では、今年の夏休みの予約状況として、海外旅行は羽田空港の欧米路線拡充により、遠距離方面が好調で、前年並みを維持しています。国内旅行は、世界遺産登録が決定した富岡製糸場人気等により、前年同時期比110%となっており、話題の多い国内旅行が牽引しています。

今年の夏休み旅行、海外は遠距離が人気、国内は話題の地へ

海外旅行は、円安や中国・韓国の外交問題など懸念材料が残るものの、ヨーロッパは前年並みを維持し、米国・カナダは前年を大きく上回るなど遠距離方面が好調に推移しています。これらの方面は、羽田便の新設により、都心からも利便性が向上したことと、地方空港から羽田空港経由の参加者が増えたことによるものです。一方、アジアの中では、中国・韓国が依然低水準であるものの、台湾が好調です。
※ヨーロッパ:前年並み、カナダ:150%、 米国:120%、台湾:210%

国内旅行は、世界遺産登録が決定した富岡製糸場や昨年、世界文化遺産に登録された富士山、日本の「マチュピチュ」と言われる竹田城跡など話題の地に人気があります。四国、九州、沖縄も好調に推移しています。北海道は前年並みでありますが、昨年に続き今年も「釧路長期滞在」は、気候の快適性からニーズは高く、既に前年実績を超えています。国内旅行については、お盆の時期の前年同時期比較でも130%の推移となっています。
※北海道:前年並み、関東:130%、近畿:120%、四国:115%、九州:120%、沖縄:160%