地域密着型の気象情報サービス「ライフレンジャー天気」スタート!

地域密着型の気象情報サービス「ライフレンジャー天気」スタート!

(株)エムティーアイは8月4日(月)より、地域密着型のモバイル・PC向け気象情報サービス『ライフレンジャー天気』を開始します。日本全国の最新の気象予報をすばやく正確に伝えるだけでなく、特に需要の多い台風情報を、地域別に手厚くカバーして提供するのが特長です。

当社の気象予報士が、台風のたまごである熱帯低気圧の段階から動向を監視してレポートしたり、台風接近時には地元の漁師やダイバーなどが、経験を生かした独自の見解をコメントしたりするなど、各地の人々が欲しいと思うピンポイントな情報を届けます。今夏の台風シーズンを目前に控え、まずは台風の影響を強く受ける高知県・鹿児島県・沖縄県の3県から、地元密着型の台風情報を提供していきます。

こうした当社独自の目線で、各地域に配慮した今までにない気象情報を提供し、他社サービスとの差別化を図ることで、利用者の拡大を目指します。

地域密着型の気象情報サービス「ライフレンジャー天気」スタート!

◆年々拡大する台風被害。本格的シーズンを前にしっかり情報収集して備えたい!
これから本格的な台風シーズンを迎えますが、ここ数年ゲリラ豪雨など、夏の天候は変化が激しく、台風に関連する被害も多くなっています。刻一刻と変化する台風の状況をしっかり把握し、事前に自衛策を立てることは、こうした被害を最小限にとどめる上でも大変有効です。本サービスでは、気象情報、災害情報、花粉などの季節の生活情報はもちろん、地域に密着した新たな視点から、リアルな台風情報をいつでもどこでも確認できるようにしました。

◆気象予報士の台風レポートや漁師・ダイバーの生の声…地元密着の気象情報
『ライフレンジャー天気』は、今までの気象情報サービスにはない、より地域に密着した細やかな台風情報の提供が特長です。本サービス専任の気象予報士が特定の台風を集中的に追跡・監視し、南海上で熱帯低気圧が発生した段階から台風に成熟し消滅するまでの継続的な情報をタイムリーに発信していきます。また、各地の漁師やダイバーなど、台風接近に敏感な地元住民の生の声を届けることで、地域の人々の役に立つ情報も発信します。これらの台風メニューは、台風被害が比較的多い高知県・鹿児島県・沖縄県からスタートし※、8月5日(火)からは3県でTVCMも開始して、当サービスの認知拡大を図っていきます。※3県の「My天気」登録者のみ閲覧可能

<『ライフレンジャー天気』 主なメニュー>
一般的な「週間天気」、「警報・注意報」などの気象情報のほか、
台風情報、気象衛星画像、気圧配置図、雨レーダー、ピンポイント天気、雷情報メール、災害情報、安否確認システム、帰宅支援マップ、交通機関運行情報、渋滞・規制情報、渋滞・規制メール、生活指数情報、イベント情報
など計27メニュー

[モバイルサイト] ・月額108円  ・プレミアムコース月額324円 *税込
・アクセス : http://tenki.mopita.com/ (スマートフォン)、http://soradas.jp (従来型携帯電話)

[アプリ] ・Android 無料  ・iOS 無料(一部有料)
・アクセス : 各マーケットで「ライフレンジャー」で検索

[PCサイト] ・無料  ・アクセス: http://10ki.com/