観光&翻訳アプリ搭載タブレット利用実証実験を開始

観光&翻訳アプリ搭載タブレット利用実証実験を開始

株式会社琉球ネットワークサービス・株式会社レキサス・株式会社WAKONは、沖縄県が実施する「平成26年度沖縄県中小企業課題解決・地域連携プロジェクト推進事業」の支援を受け、一般社団法人那覇市観光協会および独立行政法人情報通信研究機構のご協力のもと、多言語化した観光情報データベース(観光ポータルサイトOkinawa Travel Infoと連動)をGPSナビゲーション機能で案内し、かつ音声翻訳機能も提供する新しいICTサービスの実証実験を、平成26年10月から平成27年1月まで実施します。観光&翻訳アプリ搭載タブレット利用実証実験を開始

沖縄への外国人観光客数は急増しており、平成25年度は過去最高の約63万人、前年度比で64%もの伸びとなりました。今後も増加が見込まれる外国人観光客ですが、来沖された観光客への満足度調査においては「外国語対応」「案内表記」などに対しての不満が多く、改善が急がれています。

私たちは、これらの課題を解決し外国人観光客の観光周遊と消費の拡大に繋げるための新しい観光サービスを開発しました。琉球ネットワークサービスとレキサスが共同開発したGPSによるナビゲーションアプリ「OkiLuckGPS」により外国人観光客の利便性を向上することで周遊・消費を促進します。また、独立行政法人情報通信研究機構の協力を得て音声翻訳アプリ「VoiceTra4U」も同時利用できるようにすることで、通訳のいない観光施設や宿泊場所・お店等でのコミュニケーションも支援します。

今回の実証実験においては、この2つのアプリをインストールしたタブレットを、観光地・飲食店・ツアーなど沖縄の観光情報を多言語で紹介する観光情報ポータルサイトOkinawa Travel Info(運営:WAKON)のツアー申込み客、及び一般社団法人那覇市観光協会観光案内所の利用客を対象に利用いただき、観光客の周遊における利便性向上と観光消費への影響をモニタリングし、インバウンド観光の活性化に貢献できる新しいビジネスモデルへと繋げる計画です。

■GPS観光ナビゲーションアプリ「OkiLuckGPS」
琉球ネットワークサービス・レキサスが共同開発した本アプリは、利用者の現在地、および周辺の観光スポットなどの場所や詳細情報を多言語(現時点では英語・中国語(繁)に対応)にて確認することができます。

■音声翻訳アプリ「VoiceTra4U」
情報通信研究機構が開発した、音声を認識し翻訳するアプリです。対応言語はアジア・ヨーロッパの27言語(方言を含めて30言語)に及びます。旅行会話などの翻訳に最適な機能を備えています。

■観光ポータルサイト「Okinawa Travel Info」(沖縄トラベルインフォ)
WAKONが運営するOkinawa Travel Infoは、県内各地の観光地・飲食店・ツアーなどの情報を多言語(日・英・中(繁)・中(簡)・韓)で紹介しており、サイトからの予約やクーポン発行も可能な沖縄観光情報ポータルサイトです。

■タブレット端末(iPad-mini)
LTE回線を搭載し、操作性・可搬性に優れたタブレットを利用します。県内の殆どのエリアでの高速インターネットアクセスが可能です。

【実施場所・方法】
・那覇市観光案内所(那覇市観光協会が運営 沖縄県那覇市牧志3-2-10てんぶす那覇1階) 案内所窓口にて、アプリを使った観光案内サービスを提供します。  観光客の方は、案内所内でタブレットを利用して観光スポットなどの検索が可能です。
・旅行中のモニター利用(※事前予約が必要、詳細は琉球ネットワークサービスまで)  外国人観光客の方へ、アプリを搭載したタブレットをご利用いただきます(無料)。
※利用者には、本サービス・アプリに関するアンケートに回答いただきます。