離島ならではの魅力的な7個の観光コンテンツを紹介 沖縄離島観光サイト「リトハク2015年春号」公開中

離島ならではの魅力的な7個の観光コンテンツを紹介 沖縄離島観光サイト「リトハク2015年春号」公開中

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:上原良幸)は、年間で最も気候が安定して快適に過ごせる春(3~4月)ならではの沖縄離島の体験・参加型の観光コンテンツを、沖縄離島観光サイト『リトハク春号』(http://cp.okinawastory.jp/ritohaku/)で公開中です。

このたび沖縄県では、3~6月の親子三世代旅行の誘客を強化する「親子孫たび うとぅいむち宣言」(※)を掲げ、親子孫たびが、心に残る絆づくりの旅となることを応援します。それに伴い、『リトハク春号』でも、三世代旅行を楽しめる観光コンテンツをラインナップしました。今年1/31、全長3,540mの無料で渡れる日本一長い橋「伊良部大橋」の開通により注目される伊良部島では、透明度20~30mの海底世界が見渡せるシュノーケル体験を取り上げています。また、沖縄本島中部「平敷屋港発」からフェリーで約30分の津堅島で名物キャロットを巡る旅など、過ごしやすい気候の中で沖縄離島でしか体験できない全7個の観光情報を掲載しています。

離島ならではの魅力的な7個の観光コンテンツを紹介 沖縄離島観光サイト「リトハク2015年春号」公開中

また『リトハク春号』では、現在、『沖縄離島の宿泊券・特産品が当たるキャンペーン2015』実施しています。同サイトのキャンペーンページから、離島のアンケートに答えて応募すると、抽選で総勢24名に沖縄離島4エリアのホテルペア宿泊券や調味料(石垣島)、泡盛飲み比べセット(宮古島)が当たります。

今後も『リトハク』では、旬ごとに沖縄離島の魅力を紹介することで、離島訪問を考える旅行者のナビゲーターとして展開してゆきます。
(※)うとぅいむち:大切なお客様をお迎えする時に用いた〝おもてなし〟を表現する沖縄の方言。

●『リトハク2015年春号』特集記事(4離島エリア・全7プログラム)
【八重山エリア】
○白保のがんじゅう弁当と石垣美味を食べ尽くそう!(石垣島)
○竹富島で見つけたカイジの浜の「星の砂浜」(竹富島)
【15離島エリア】
○ゆったりとした時間が流れる伊江島でリフレッシュしよう。(伊江島)
○遊びに行こう!キャロットアイランド“津堅島“(津堅島)
【久米島エリア】
○海だけじゃない!山や森そして川も魅力がいっぱい!(久米島)
○シェフと行く久米島セリ市体験(久米島)
【宮古島エリア】
○伊良部島の青を感じよう!(伊良部島)

●『沖縄離島の宿泊券・特産品が当たるキャンペーン2015』概要
【応募期間】2015年1月26日 PM12:00~2月28日 PM12:00
【賞  品】
○沖縄離島ペア宿泊券(A~D):各1名様
A)かりゆし倶楽部ホテル石垣島(石垣島)
B)クリスタルヴィラ宮古島砂山ビーチ(宮古島)
C)リゾートホテル、久米アイランド。(久米島)
D)Stay & Scuba Diving シーフレンド(渡嘉敷島)
○沖縄離島特産品(E~F):各10名様
E)石垣島の調味料セット(石垣島)
F)泡盛飲み比べセット(おとーりグラス付)(宮古島)
【賞品発送】2015年3月以降(予定)
【主催者名】沖縄県・(一財)沖縄観光コンベンションビューロー