琉球大学、統合的なハイブリッド クラウド環境の実現に向け、ヴイエムウェアのソリューションを採用

琉球大学、統合的なハイブリッド クラウド環境の実現に向け、ヴイエムウェアのソリューションを採用

琉球大学では、「情報ネットワークを活用するためのシステムを整備し、情報社会に対応するためのICT活用能力の向上を図る」という基本理念のもと、教育研究の質の向上、業務運営の効率化を目指し、情報基盤の整備を進めています。これまでも、ヴイエムウェアの仮想化ソリューションをベースとしたプライベートクラウド基盤を運用していましたが、情報化の進展に伴う既存システムのリソース不足や機器の設置スペースの不足などの課題がありました。

そのため琉球大学は、学内情報システムの更新を機に、プライベート クラウド基盤のさらなる効率性の向上に加え、情報化の進展に伴うITリソース需要の拡大に対応するため、プライベート/パブリックのクラウド環境にわたってシームレスに運用可能なハイブリット クラウド環境の構築を目指していました。

そして、すでに利用している仮想化ソリューションでの実績やプライベート/パブリックの両クラウド環境をシームレスに連携させることができる点などを評価し、サーバ仮想化と仮想化環境の管理ソリューションであるVMware vSphere with Operations Managementとハイブリッド クラウド プラットフォームであるVMware vCloud Airの採用を決定しました。

さらに、ヴイエムウェアのハイブリッド クラウド基盤との親和性も高い仮想デスクトップ ソリューションであるVMware Horizonも導入し、柔軟かつセキュアなデスクトップ環境を通じた高品質な教育学習環境を構築します。

琉球大学、統合的なハイブリッド クラウド環境の実現に向け、ヴイエムウェアのソリューションを採用

琉球大学では、ハイブリッド クラウド基盤の導入を通じて、以下の効果を見込んでいます。
・VMware vSphere with Operations Managementにより、仮想化基盤の稼働状況を可視化することで、IT管理者の運用管理負担を軽減
・VMware vCloud Airの利用により、ハードウェアや運用管理などのコストを削減できると同時に、情報化の進展に伴うITリソースの需要が拡大した場合に、既存のワークロードをシームレスにパブリック クラウドにも展開可能
・VMware Horizonによる仮想デスクトップの導入により、セキュアかつ柔軟なデスクトップ環境を通じて教育や学習の質をさらに向上

また琉球大学では、VMware vCloud Airのサブスクリプション購入プログラム(SPP)*を活用し、IT利用にかかるコストを最適化するとともに、将来的にVMware vCloud Airから提供されるさまざまなサービスも利用できる柔軟性の高いハイブリッド クラウド環境を構築します。

琉球大学のハイブリッド クラウド基盤は2015年10月より稼働を開始する予定で、同時にVMware vCloud Airも最大限活用していく予定です。

*クレジット購入プログラム・・・SPPクレジットを一括で購入頂き、月毎にご契約頂いたリソースに対し、SPPクレジットを消費していくプログラム。

国立大学法人琉球大学 総合情報処理センター 准教授 谷口 祐治 様 コメント :
「琉球大学では、先進的な情報基盤を通じた教育研究の質の向上、業務運営の効率化などを進めており、今回の採用はそれらの取り組みをさらに一歩前進させるものと考えています。ヴイエムウェアの提供する各ソリューションにより、真のハイブリッド クラウド環境の構築を通じた教育・学習環境の高品質化、学術研究環境の活性化など大学本来の機能の強化に加え、業務運営の効率化なども実現できます。今後もこのハイブリッド クラウド基盤を通じて大学運営に不可欠なICT環境の構築を進めていきます」