Ryukyu Startup Challenge 2015「第2回スペシャルセミナー」開催報告

Ryukyu Startup Challenge 2015「第2回スペシャルセミナー」開催報告

琉球大学産学官連携推進機構(産学官連携推進機構長:屋 宏典)と琉球インタラクティブ株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:臼井 隆秀、以下「琉球インタラクティブ」)は、琉球大学にてRyukyu Startup Challenge 2015「第2回スペシャルセミナー」を、2015年11月14日(土)に開催しました。

沖縄県委託事業である「次世代アントレプレナー人材育成推進事業」の下、琉球大学産学官連携推進機構と琉球インタラクティブが協働で進めている『Ryukyu Startup Challenge(琉球スタートアップチャレンジ)』は、県内大学生や専修学校生などを対象にした、起業家人材育成推進プログラムです。その核となるイベントである「スペシャルセミナー」は、全国的に著名な起業家や専門家を招き語っていただくことで、学生の起業家精神を引き出すことを目的にしています。

当日は、学生から社会人まで事前登録した80人の参加者が集まり、各登壇者の話に耳を傾けていました。セミナーは、オープニングムービーの後、司会の嘉数 ゆりさんからの紹介のもと、まずは琉球大学観光産業科学部の大角玉樹教授から開会の挨拶をいただきました。

Ryukyu Startup Challenge 2015「第2回スペシャルセミナー」開催報告

プログラム前半では、株式会社クラウドワークス代表取締役社長 兼 CEOの吉田浩一郎氏から、「二度の起業と上場を通して学んだこと」をテーマに、これまでの自身の起業家としての歩みをお話しいただくとともに、急激に変化・効率化しつつある世界と個人のあり方について語っていただきました。そして、「事業には夢が必要であり、自分の強みに特化して一つの事業に集中することが重要」とご説明いただいた上で、「胆力は捨てることで得られる」や「成功者のアドバイスを最速で実行すると運気が向いてくる」など、上場を通して学んだ起業に関することを20項目に渡ってご紹介いただき、講演を締めくくられました。

プログラム後半では、琉球インタラクティブ株式会社 代表取締役社長の臼井 隆秀氏も交えながら、会場からの質問に直接受け答えするインタラクティブなトークセッションが行われました。会場からは、「失敗を次につなげるためには、どのようにしたら良いですか?」「起業資金の振り分け方について教えてください。」「クラウドソーシング市場に目をつけられたきっかけは何ですか?」といった様々な質問が飛び交い、活発に意見交換が展開されました。そして最後に、臼井氏よりRyukyu Startup Challengeの各種プログラムについての説明と、現在エントリーを募集している「第8回 沖縄学生ビジネスプランコンテスト」の紹介をもって、セミナーは閉会となりました。

Ryukyu Startup Challenge 2015「第2回スペシャルセミナー」開催報告

「第3回スペシャルセミナー」は、12月19日(土)に開催する予定です。また、「第8回 沖縄学生ビジネスプランコンテスト」へのエントリー締切日は、2015年11月30日(月)となっております。なお、本年の「沖縄学生ビジネスプランコンテスト」は、『Ryukyu Startup Challenge運営委員会』の主催にて開催されており、最終発表会は、来年2016年2月13日(土)に開催を予定しています。

Ryukyu Startup Challengeについて詳細は、以下のページをご覧ください。
http://www.ryukyustartup.jp/
「第8回 沖縄学生ビジネスプランコンテスト」について詳細は、以下のページをご覧ください。
https://www.ryukyustartup.jp/contest

※本リリースは、琉球大学産学官連携推進機構と琉球インタラクティブの共同リリースです